2ちゃんねるの洒落怖を中心にオカルト系の面白スレをまとめました

ワクテカちゃんねる
Top Page › 2chオカルト板 › 死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない? › 【洒落怖】[友神様] … これは作り話だから気楽に聞いて欲しい。
2023-11-15 (Wed) 19:04

【洒落怖】[友神様] … これは作り話だから気楽に聞いて欲しい。

2chオカルト板
783 :友人:2021/07/04(日) 14:00:16.45 ID:LEdrJMar0

これは作り話だから気楽に聞いて欲しい。

自分がちっちゃい頃の話。
割と田舎の県に住んでるんだけど、祖父母の家まで1時間位のところに住んでたんだよね。
だから小さい時はよく遊びにいってたんだ。

特におじいちゃんがよく遊んでくれてて、山を散歩して綺麗な石を探したりしてた。
その当時トレジャーガウスト?みたいなゲームが流行ってて、お化けとか妖怪とか大好きだったんだよね。知ってる人いるだろうか。
それもあっておじいちゃんに聞いたんだ。
「お化けとか妖怪を見たことある?」って。
そしたら「お化けとかは見たことないけど友神様は遊んだことがあるよ」って話してくれた。
友神様(ゆうじんさま)って言うらしい。(漢字がこう書くのか分からないけど、多分意味的にこうだと思う)
神様なんていつ聞いてもわくわくするじゃない?
だから「もっと教えて!」って頼んだら、「じゃあ○○(自分)ちゃん、もう少し散歩しようか」と教えて貰えることになった。

じっじ「友神様はね、普通に人間の姿をしているんだよ。それで普通に接してくる。友達みたいにね」
自分「じゃあどうやって神様って分かるの?」
じっじ「遊んだ後に『あれは誰だったんだろう』ってなるんだ。
 昔は近所の子と遊ぶ事も多かったんだけど、その時に1人増えたりしてね」
なんて言ってたと思う。(うろ覚えでごめん)

子供ながらに(ふーん、なんかあんまり人間と変わらないんだな)なんて思ってた。
特にそれ以上の話をしてくれるでもなく、家に着いた。

家に着いたら冷たいジュースをおばあちゃんが出してくれた。
その当時自分はすごく泣き虫で、怒られる度に泣いてた。
で、その時も机がガラスなんだけど、コップを置く度にデカい音が鳴るのね。
それを父に怒られて、泣いたんだ。嫌になって散歩しに行った。

綺麗な石を見つけたりセミの抜け殻を集めたり、直ぐに楽しくなってた。
暫くしたら子供がきて、「遊ぼ」っていってきたんだ
「あ、これ友神様かも」と思った。
でも人間と大差ないと思ってた自分は、普通に遊ぶ事にしたんだ。
当時やんちゃ盛りのクソガキだった自分は川で水をかけあったり、突き落としたりされたりして危ない遊びをしてた。

そんなこんなであたりも暗くなってきて、そろそろ帰る事にした。
「そっか。ばいばい」っていってその子も帰ったようだった。


家に帰ると、父が「怒鳴って悪かったね」といってきた。そんなことすっかり忘れて遊んでた訳なんだけど。

夜ご飯を食べた後、おじいちゃんとお風呂に入った
そこで「もしかしたら友神様と遊んだかも」というと、凄いびっくりした顔をしてた。
でもすぐ普通の顔に戻って「どんな遊びをしたんだい?」と聞かれた。
あれやこれやと話すと少し黙りこくってしまった。

じ「いいかい、○○(自分)ちゃん。ここら辺では『友達を大切に』ってよく言われるだろう?」

自「うん」

じ「それがなんでか分かるかい?」

自「友達だからじゃないの?」

じ「もちろんそうだ。でもそれだけじゃなくて、友神様に対して意味もあるんだ」

自「どういうこと?」
じ「友神様は友達みたいに接してくるって言っただろう?それはお互いを尊重しあっているからなんだ。でも、仲良くなり過ぎるともっと深いところまで踏み込んでくる」

別にいいんじゃないか?と思ったけど口には出してない。
おじいちゃんもそれに気がついたのか続けてこういった。

じ「友神様と複数人で遊ぶならいいんだ。みんなと仲良くなるからね。ただ、1人で遊ぶと仲良くなり過ぎてしまう。〇〇ちゃんは友神様と2人で遊んだんだよね?」

自「うん」

じ「そうか…じゃあきっと友神様と仲良くなってしまったただろうね。もしかしたらこれからも姿を見かけることがあるかもしれないよ」

また遊べるのかと少し嬉しく思ってた気がする。

じ「友神様は本当に友達みたいに接してくる。時間を問わずにね。だからいつでもどこでもちょっかいをかけてくるんだ。しかもそれが命に関わる様な事もある」

自「例えば?」

じ「山道を散歩してたら急に突き飛ばされたり、刃物を扱ってる時に押してきたり」
完全にヤバいやつじゃないか、と思った。

じ「でもね、大体は複数人で遊ぶことになるから1人に集中しないんだ。そのグループで遊んだ時にちょっかいをかけられるくらいで」

自「じゃあどうしたらいいの?」
と自分は聞いた。流石に怖いしね。
したらおじいちゃんは少し考えた後にこういった。

じ「友神様の話を色んな人に話すんだ。そしたら『友達』が増える 。でも、普通に話しただけじゃあんまり意味が無い」

自「どうして?」

じ「友神様は友人みたいに接すると言っただろう?あれは『油断させる』為なんだ。油断した人にちょっかいをかけるからね」

自「じゃあ仲の良い友達に話したらいい?」

じ「それもいいと思う。けど、怖い話をしたりして友達に嫌われたら嫌だろう?それに、友達だけじゃ数が少なすぎる。もっと標的となる人を増やさないと」

自「嫌われるのは嫌だなぁ」

じ「そうだよね。……あんまりいい方法じゃないけど教えておくよ。
 まず、話始める前にこういうんだ」



『これは作り話なんだけどね』

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?362


死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?

Comments

お気軽にコメント


Facebook Twitter LINE はてなブログ
にほんブログ村 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ 2chまとめランキング FCプログランキング
380:名無しのワクテカさん:2023/11/16/00:11
良い出来や